30歳女 元彼と新しい彼 結局優しさが一番大事だと知りました

30歳女 元彼と新しい彼 結局優しさが一番大事だと知りました

都内でダンサーとして活動している30歳女性です。

カミングアウトすると、中学2年生ではじめて彼氏が出来てからというもの、これまでたった一日もフリーだったことはありません。

性格的なものなのでしょう、さみしがり屋であったり、決断力がなかったり、こと恋愛においてはどこかしらグダグダしてしまう傾向がある私。

反面、この人だ!と思う人があらわれたら、彼氏が居ようが気になって気になって仕方ない。

この人のことをもっと知りたいと思うと、止められない衝動に駆られたり・・・。

ということで、いつも彼氏が変わる時には、数日から数週間二股をかけるという状態が続いていました。

最も印象的だったのは、大学生の頃から6年間お付き合いした彼と、その後出会った今の彼。

もともと付き合っていた人は10年上の会社員。

そして新しく惹かれ、後に彼氏となる男性は、なんと20年上の実業家。

なぜ自分がここまで年上に惹かれるのかよくわかりませんが、大人の余裕にやられたのでしょうか。

「この人の方が魅力的だ!」と本能的に感じ、付き合いの誘いに乗ってしまいました。

問題はそこから。

それまでお付き合いしていた10年上の彼も、それはそれは素敵な人。

サラリーマンなので、時間にもお金にもさほど余裕があるわけではありませんでしたが、少ない時間を使って、二人きりの時間をたくさん作ってくれる心から優しい人でした。

最初からその優しさに惹かれ、始まった恋。

何でも包み込んでくれる彼を失いたくない。

反面、新しく現れた20年上の彼は、超ワンマンタイプ。

優柔不断な私をリードしてくれ、見たことのない景色を見せてくれ、オレに付いてこいと胸を張って言うような男らしさがありました。

そう、私は、どちらも捨てがたく、どちらにも決められなかった。

結果、3ヶ月ほど二股状態が続きました。

おいしいとこどりをしたんです。

しかしはやり悪行はバレるもの。

結果、前の彼に感づかれ、「そんな女だと思わなかった」と振られました。

悲しいかな、今付き合っているのは、例のワンマンタイプの彼ですが、人間、関係が長く続けば振る舞い方も変わるもの。

自分をひっぱてくれる刺激的な人だと思っていた彼は、6年間の間に大きくかわり、とても連絡無精な男になってしまいました。

もともと私の話をゆっくり聞いてくれる人ではなかったので、男性に甘えたい私としてははやり不完全燃焼感。

「男は優しいに尽きるよ」の意味をこの年になって知るのでした。