30歳 女 過去の婚活サイトで二股して本命を逃すことに・・

30歳 女 過去の婚活サイトで二股して本命を逃すことに・・

■私の簡単な自己紹介につきまして私は、現在30代前半の専業主婦であり、主人とは婚活サイトで知り合いました。

しかし、本当のことを言うと主人には絶対に言えないのですが、今の主人は本命ではなく、私が婚活サイトで二股をかけてしまったことにより、本命の方に見限られるような形になってしまいました。

■二股をかけた方との出会いの経緯について私は、婚活サイトに登録させて頂いた時は主人一本で行こうと考えておりました。

しかし、毎月何人もの男性から紹介メールがくる中でもう一人位は良いだろうと思い、二人の男性について、同時進行で出会いから恋愛を進めて行くような形になりました。

しかし、本命の方と深い恋に落ちるような形になり、もう一人の今の主人とは疎遠な関係になってから別れたら良いかと言う考えが本命の方から見透かされていた形になりました。

そして、ある日の本命の方とのデートの際に、思わずスマホを落としてしまい、そこにはラインでの本命でない主人との画面がある状態でした。

それを若干本命の方が拾ってくれた際にチラ見する程度なので、内心「良かった!」と言う安堵感であったのですが、そこから本命の方の態度が急変して、あまりメールが来なくなったのです・・・・■その時の心情その時の心情としては、二人の気持ちを持て遊ぶような形で天罰が下ったと率直に思いました。

やはり、二足の草鞋をはくなんて器用な真似はしなければ良かったと心から思いました。

■後悔していること本命の方に寄り添うような形で一途な形で恋を展開できれば、もっと違った形の人生を迎えれていたかもしれませんので、自分自信に対して本当になぜ、あの時にもっと狡猾になれなかったのかと思う自分と、最初から一筋で本命の方とやり取りできれば良かったと言う気持ちが交錯する形になりました。

■見ている方についてのアドバイスやはり恋愛は本当に器用じゃないと二股なんてできません。

二股をしたとしても結局は自分に帰ってくるような形で終わるような形になりますので、やはり最初から一途に意思を貫いた方で得策であると思います。