30代後半の独身女が不倫と独身男性と二股!一人は淋しい私だった

30代後半の独身女が不倫と独身男性と二股!一人は淋しい私だった

現在は40代独身で元・OLです。

当時も現在もひとり暮らしです。

当時の私は30代後半でした。

出会いは同じ社内の男性。

一人とは不倫関係にありました。

ありがちな上司と部下です。

不倫相手からは「奥さんと別れたいけど子供がいるから別れられない」と言われ何回も別れを切りだしましたが、その度に不倫相手に「別れないでくれよ」と咎められるのでズルズルとそのままでした。

そんな時、社員旅行があり他部署の人達のバスに乗ることになりました。

同じ会社でも他部署の人達とは言葉を交わすチャンスは、ほとんどありません。

顔は知っていたけど言葉を交わしたことが無い、同じ歳の彼と出会いました。

彼は独身。

素朴な感じの人です。

色々と話してゆくうちに二人きりで会うことになり何度かデートを重ねました。

だけど不倫相手とはそのままです。

週に一回会うのは平日の夜だけなので食事⇒ホテルが定番のデートコース。

独身の彼ともホテルにいくようになりました。

平日には不倫相手。

週末には独身の彼と過ごす関係が一ヶ月くらい続きました。

二人の男性と体の関係を持つ、というのはメンタル的にも体力的にもシンドイです。

だけど一方で「二股かけてる私ってモテる女。

食事代もホテル代も奢ってもらえるし」と今思えば勘違いしていました。

だんだん疲れてしまい、ボーッとする時間も多くなったので、ネットで「うつ」のことを検索したら症状が当てはまったので心療内科を受診してみました。

不倫相手に「心療内科に通うようになった」と告げたら連絡は来なくなりました。

幸い、会社にもバレず奥さんからも詰め寄られたりしなかったけど不倫って「何もいいことないな」と思いました。

独身の彼とも「結婚したい」とまでは思えなかったです。

理由はどうしても彼の「口臭」に耐えられませんでした。

生理的に無理です。

彼らとは、一人になるのは淋しいから、の付き合いでした。

現在は、まだ心療内科に通院中です。

「この男性が好き!」って心から思える人でないと疲れてしまいます。

回復するまで時間がかかりそうです。