36歳 女性 高校時代に憧れの先輩と同級生とのふたまたで付き合えず

36歳 女性 高校時代に憧れの先輩と同級生とのふたまたで付き合えず

私が高校1年生の時の話になります。

今も変わらずですが、そもそも私は面食いで一目惚れしやすい性格でした。

高校入学してすぐに部活紹介があり、軽音部の紹介の時に、かっこよくギターを弾く一年上の先輩の姿を見つけてしまいました。

もちろんその先輩目当てで軽音部に入部しました。

実際軽音部の活動は個別で、その先輩とあまり会って話をする機会が無かったのですが、その先輩が練習している教室へ行ってギターの弾き方を教えて欲しいと喋りかけたり、試行錯誤して、なんとか知り合いになっていくことが出来ていました。

先輩はとても優しく、友人にもお願いして2人で帰れるように場を作ってもらったり、なんとなく付き合ってるか付き合ってないか微妙な関係性にまでなれることが出来、2人で遊びに行くこともありました。

ただ、先輩だった事もあり完全に付き合っているとはどちらからも言わずにいる関係性でした。

そんな中、同学年の同じクラスの男子にも気になる存在の人が出てきてしまいました。

彼はサッカー部で、自分によく話しかけてきてくれていたので、好感を持っていたし、他の女子にも人気があり、顔もかっこいいと感じていました。

球技大会などで、彼の運動する姿を見てまた心が動いてしまっていました。

軽音部の先輩とは、まだ友人関係っぽいし、他の人を好きになっても良いよね、もしサッカー部がダメなら軽音部があるし等と今から考えるとかなり罰当たりに、適当な考えを持ってしまっていました。

とうとうダメ元で自分からサッカー部の男子に今度一緒にサッカーの試合を観に行かないかと誘ってしまい、なぜか他の友達とも一緒だったらオッケーという話になり、サッカーの試合に行くことが出来ました。

とにかくうまくいっていたので完全に調子に乗っていたんだと思います。

その後も、同じクラスだったので、よく話したり良い感じになっていました。

軽音部の先輩ともまだ友達以上恋人未満のような関係性は続いていましたが、ある日先輩から自分と付き合ってると思ってた、と少し怒りげに言われてしまいました。

そこから先輩とは気まずい関係になっていきました。

サッカー部の彼は女子に人気があったので、私と先輩との噂は、どこからか彼の耳に入る事になり、彼からなんで先輩のこと言わなかったのかなどと言われ、悲しい板ばさみ状態になってしまいました。

結果的に先輩とも、サッカー部の彼とも気まずくなり、2人とも付き合えない状況になってしまいました。

学生時代の話ですが、調子に乗っていたことを今でも後悔しています。