30代女性の私がふたまたをかけて調子に乗った結果、2人を同時に失う

30代女性の私がふたまたをかけて調子に乗った結果、2人を同時に失う

私のふたまた経験でとても後悔した時の話を簡単レポさせてもらいます。

私は現在40代後半の既婚者女性ですが、私がふたまたをかけていたのは、結婚前の話です。

当時は異性から結構持てていた私は、今思うと、完全に調子に乗っていたと思います。

また、本当に優柔不断なので、一人の男性とお付き合いをしていても、少し気になる異性が出てきて、その人からアプローチをかけられると、簡単に受けてしまっていました。

その時もお付き合いをしている男性がいましたが、後からであった、気になる男性に誘われると、食事へ行ったり、デートをしたりを繰り替えしをしていました。

また、彼氏は最初からいない体で彼とは会っていたので、相手には完全に誤解をさせる形になっていたと思います。

そんな風になると、付き合って欲しいと言われるのは時間の問題で、案の定、彼から真剣にお付き合いをしたいと言われてしまったのです。

私としたら、曖昧な関係を続ける事がベストでしたが、そうはいかず、彼とも真剣交際をする事になり、その時点では本命の彼氏と、後からお付き合いを申し込まれた男性とふたまたをかけてしまったのです。

私の中では本命は最初からお付き合いをしている彼で、結婚をするばらば、この人が良いと思うくらいに生活が安定している人でした。

仕事面、収入、将来性、とても生活力がある人でした。

後から付き合った男性は生活面というよりは、断然顔が良かったのです。

彼と歩いていると、自慢になるくらいにカッコ良い人でしたので、私の中では結婚するのは本命、一緒にいて楽しくて優越感に浸れるのは後から付き合った彼と言うくくりをつけていように感じました。

ところが、そんなおいしい生活は長くは続きません。

ある時、後から付き合った彼といるところを、本命の姉妹に見られていたのです。

そこからは全てが崩れました。

まずは後から付き合っていた男性と清算をして、本命に誠意を見せましたが、相手にされず、結果的に私は2人を失いました。

また、ふたまたの事は友人などに知れ渡り、私は軽い女のレッテルをはられました。